So-net無料ブログ作成
検索選択

ドン・キ放火 従業員遺族の請求棄却…消防職員に過失なし(毎日新聞)

 さいたま市の大型量販店「ドン・キホーテ浦和花月店」で04年に起きた放火事件に絡み、焼死した従業員3人の遺族4人が「市消防局の不適切な対応で逃げ遅れたのが原因」として計1億8900万円の賠償を市に求めた訴訟で、さいたま地裁は28日、請求を棄却した。片野悟好裁判長は判決で「消防職員に過失はない」と述べた。

 原告は、店内から119番した小石舞さん(当時20歳)らの遺族で「通報を受けた職員が小石さんらへの避難指示を怠った」などと主張した。しかし判決は「他の従業員は避難しており、通報中に危険な状況だったとは言えない。市の規定に沿って必要事項を尋ねた職員の対応に義務違反はない」と退けた。遺族側は控訴する方針。

 事件は04年12月13日午後8時15分ごろ発生。現住建造物等放火罪などに問われた無職の渡辺ノリ子受刑者(52)は08年、最高裁で無期懲役刑が確定した。【平川昌範】

【関連ニュース
放火:自宅に火をつけた83歳の男逮捕 北海道・旭川
鴻臚館跡事務所火災:連続放火の疑い 付近で5件の不審火
放火:銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形
裁判員裁判:唐津の飲食店放火未遂 被告に懲役3年求刑−−論告公判 /佐賀
市民in法廷:裁判員裁判 自宅に放火で猶与付き判決 /東京

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)
自公会談 口蹄疫特措法案不調なら赤松農水相不信任決議案 28日に内閣不信任案で協議(産経新聞)
<毎日世論調査>福島社民党首罷免「適切」56%(毎日新聞)
北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)
「道違う」タクシー運転手に暴行、料金踏み倒す 容疑の男逮捕(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。